FC2ブログ

咲いたヨォ~~ハワイ~★

ここテキサス州南部!結構暖かいんだけど?ぢゃないね?暑いんだけど?
ヤシの木や、常夏で見れる木々がよく見かけられるんだけどね・・・
へへぇ・・・・・
去年買ったハワイの花と言っても良い“プルメニア”の苗を3月に植えてたんだぁ~~


ほらほら~~つぼみ!!
2007_0921Image0178.jpg



つぼみが・・・
2007_0929Image0045.jpg


ふくらんで・・・
2007_1008Image0004.jpg


(。→∀←。) 咲いた~~~
2007_1008Image0166.jpg


あぁぁぁ・・・ハワイ・・・思い出しちゃった・・・
2007_1008Image0012.jpg


2007_1008Image0015.jpg


来年はもっとたくさんのお花咲かせてね~~
スポンサーサイト



あっぢーーーィ^_^;

10月に入り・・ちーとはうちわ涼しくはなってきてるんですがぁ・・・・
まだ汗とかあっぢーですね・・焦る3

いやね・・・
SA の動物園に行ってきたんですが・・ハイ(^-^)/・・こんな暑い時に・・・
えェ・・・お察しのとおり動物達も?御覧のとおりでした・・・

ZOO22_20071011083301.jpg


ZOO77.jpg


2005_0602IMAGE0011.jpg


それでも?かしこい動物もいたヨォ!!guru-mi-1
ZOO.jpg

あぁぁ~~~ん♫♫きもちいぃーーーーーん♫♫

→続きを読む

天国に届け

10月2日・・・
親父の命日・・・
私の親父は6月に大腸ガンと宣告されたが、本人には知らせる事もなく・・・
親父は治るもんだと信じ続けたまま他界した・・・。
今日は天国にいる親父へ手紙を送りたいと・・・・

2006年6月始め・・・
日本より一本の電話がなった・・・。
姪からだった・・・
父の音沙汰がない事で行ってみたら倒れてていたという・・・
そのまま入院・・・
そして?手術・・・
ガンだった・・・
それも?末期のガン・・・・
主治医の先生は、お腹を切ったが?先生にもどうする事も出来なくて?切ったお腹を縫ったらしい・・・
家族の気の計らいで親父に病名は告げなかった・・・。
主治医の先生もその方が良いと思う・・と言ったらしい・・。

親父・・・
治ると信じ末期ガンの痛みとの戦いが始まる・・・。
残された命・・・誰にもわからない・・・とにかく一日一日をしっかり生きよう・・・

一人暮しの親父・・・
親父のガンは頑固な父だからなったようなものだろう・・・
便秘を無視し続け、食事と言えば片寄った食事・・・栄養剤で済ませることも多かったらしい
昔は大酒飲みだったが、何年か前に肝硬変で入院・・・。
その時も?先生に自殺行為!!とも言われ・・・本人も“死”の渕に立たされ
その時から大好きなお酒もきっぱりやめていたところだった・・・

7月4日・・・
日本に到着・・・・。
6月の電話でまに合わないと思ったが?とにかく行くしかなかった・・・。
空港からまっすぐ親父のいる病院へと向かった・・・。

『親父~痛かったベェ~~!!』
(なるべく平然に・・・)
『・・・・・(゚゚;)・・・・・・・・』
アメリカにいるはずの私を見て、ちょっとはビックリした様子だった・・・。
点滴や管だらけの親父に、ちょっと笑みも見えた・・・。
・・・そう・・・
私と親父の時間が始まった・・・。

ここの病院は完全看護なので、付き添いなど要らないが?私達は毎日朝から通い始めた。
そう・・・一日もかかさずに・・・
親父のガンは大腸を侵し、十二指腸が大腸の代わりをしていたらしく?それでも上手にトイレが出来ない為、人工肛門が親父のお腹につけられた。
私たちはそれを交換したりと・・・
正直な話・・・
臭くてどうしようもなかった・・・
でも?段々それが気にもならずに・・・
親父の肛門きれいにしたり、おちんちんをきれいに拭いてあげたりと・・・
親父の孫達も小言も言わず・・・
(ありがとう・・・姪たちヨォ・・・・)

私たちの一日のスケジュールは・・・
朝ご飯を食べて・・・体重測定♪
親父の早く治りたいという自らの運動・・・強い痛みに耐えながらの運動には違いはなかった・・・。
先生の回診の後、お昼ご飯・・・ちょっと運動・・・。
そしてお昼寝・・・
夕方には同じ時刻に、孫が仕事先からまっすぐに親父のもとに・・・
夕ご飯の後にはトランプゲームが始まる!!
始め静にやっていたトランプも?みんな興奮増して大きな声になったり笑ったり・・・
そのうちに同部屋の患者さんを混ぜたりと・・・
ちょっとうるさかったはずだけど?看護婦さん達も優しくそっとしてくれていた・・・
気遣いがあったよね・・・
毎朝着く度に、看護婦さんに
『偉いね~毎日!!』って・・・
逆に心配してくれたり・・・笑
でも?
『その為に来ましたから~~!!』
と私もっ!!
本当に病院来て親父の介護が嬉しくて?楽しかった・・・。早起きも苦じゃなかった・・・。
アメリカの置いてきた家族を想い泣いた事もあったけど・・・
治る事のない親父の病気の看病と、親である私が子供を置いて来た事が重なり・・・
悲しみと、寂しさがこみ上げて・・・

実は・・・
親父との関係はよくなかったんだ・・・私・・・。
どっちかと言うと?嫌ってたし避けてたかも・・・
日本に住んでいた時何度会いに行ったかなぁ・・・数少ない・・・。
でも・・・
この日を境に、親父とも距離が短くもなり一緒に過ごせなかった時間の穴が埋まろうとしてたんだ・・・
そして親父のいい所がたくさん見えてきて、大好きになったんだよね・・・
親父さ・・・結構面白くて?いつも二人でコントしてったっけ・・・
そして?
親父の娘で良かったと思った・・・。
親父の末期ガンは良くなる事もないままちょっとの間は安定していた・・・。
それでも?痛みは増してきてる為、痛いといえば?痛み止めと嘘をつき、モルヒネを飲ませいていた・・・。
そう・・・
それ以上の治療法はもうなかった・・・。
ただ・・・親父の生きたいという願いと望みだけで生かされていたんだよ・・・
私の滞在中に病院内で夏祭りがあった。
『行こうね!!親父!!』
始めは渋っていたが?連れて行ったら子供のような笑顔・・・。
もうこの頃の親父は痛みが増してモルヒネ服用して寝るの繰り返し・・・。
夏祭りどころではもちろんなかった・・・。
でも・・・無茶だとわかってても連れて行きたかったんだ・・・
親父もちょっとの間は痛みも忘れてたようなぁ・・・

私の滞在は限られてきた・・・
姉や弟は?・・・・近いかもヨォ・・・と・・もう少し居たら?と進めたが・・・
一ヶ月以上の滞在・・・アメリカの家族も気になった・・。
『何かあったらまたすぐ戻ってくるから!!』
親父もここの頃から
『お前いつ帰るんだ?!』
『・・・10日・・』
『・・・・・・・・・』一緒の時間が長かったせいか・・・親父は淋しそうにうつむく・・


8月10日・・・出発に日
姉が気を使ってくれて
親父の外出届を取った♪
先生も?もう・・・好きな事させてあげてくださいとの事だったと言う・・・。

親父は笑みの耐えないまま
『家は良い・・・』『美味しい~~』と大好きなメロンを・・・
その時、私の写した写真が親父の遺影になるとも知らずに・・・
ただただ・・・カメラのレンズの向こうの親父の笑顔が?末期ガンだとは思えない事だった・・。

出発の時間・・・
『じゃ~ね!!早くよくなって!!また正月にでも来るから!!』
精一杯の言葉・・・それ以上何か言うと涙が出るから・・・
『・・・・・・・・・・空港に俺も行く!!!』
足元ふらつかせながら力強く立った親父・・・
『いいヨォ~ここで!!』
親父にハグ・・・。
・・・親父に見えないように涙が流れた・・・。
手を振る親父は、ドアが閉まるまで私に視線を合わせることがなかった・・・
親父・・・
“来てくれてありがとう”って言っていた様な気がする・・・

空港までの時間が長く、親父との時間の貴重さに涙が止まらない・・・




親父・・・・
病院のご飯が美味しくないって駄々こねて?私に近くのスーパーに走らせたね?
それ?一緒に隠れて食べたよね?
上等なマグロ買ったんだヨォ!!美味しかったでしょ?
親父・・・・
夕ご飯の後のみんなでトランプ・・・楽しかったね?!負けると悔しかったんだよね?
親父・・・・
得意だった指相撲・・・私に負けて悔しかったでしょォ・・・
親父・・・・
夏なのに?親父には肌寒く・・・それでも外に出たいって?車椅子で散歩・・・
親父・・・・
せんべいが食べたいって?売店に何度か行ったね?
親父・・・・
たった何度かのお風呂タイム・・・気持ちよかったでしょォ?小さくなった親父の背中を流したね?私・・・・
親父・・・・
みんなで居ると楽しくて痛み忘れてたよね?
親父・・・・
退院したら様式のトイレが必要だねと?家のリホーム計画たてたね?
頭は退院の事だけだったね・・・・



親父・・・・
私に楽しい時間をありがとう・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私がアメリカに戻ってから
親父の本当の戦いが始まった・・・。
もう治療方もない親父には痛みを和らげるモルヒネだけを服用していた・・・。
もうこの頃から?幻覚を見始める親父だったそう・・・
ずっと前に亡くなった、親父の両親が向こうに立っていて親父を呼ぶんだとか・・・
そして・・・・・
痛みが強く我慢できなくて、その痛みを何度も何度も姉にぶつけていたらしい・・・。
退院して姉に迷惑かけたくないと?体力をつけるんだと?治るんだ!!家に帰るんだと?
もぉ・・・歩く力さえ残ってないのに?足が腫れるほど歩いたらしい・・・
それでも?先生や看護婦さんに言わせると?
親父の生命力の強さにビックリしていたとか・・・
先生の宣告した余命はとっくに過ぎていたからだ・・・・
親父の毎日は痛みとの戦いと、
『・・・・もしかしたら?俺は死ぬかもしれない・・・・』
と・・・
その言葉だけが親父の口から出ていたそう・・・
それに対して?もう無理なのに・・・隠そうと努力を続けた姉・・・。
(おねえ・・・一番大変な時だったね・・・ありがとう・・・)

(死を感じる親父・・・・そう思った瞬間・・・どんな思いで毎日を生きていたんだろぅ・・・)




10月2日・・・日本時間午後8時すぎ・・・携帯にメール・・・
『これから病院に戻る!!』と姉からだ・・・
携帯に電話を入れた・・・
聞こえてくるのは
『父さん!!しっかり』『じいちゃん!!』と涙声・・・
『ほら~アメリカから電話だヨォ!!』と・・・
姪が親父の耳元に携帯を近づけてくれた・・・
『親父ーーーーーー!!こんなに頑張ったんだから?もう少し頑張って!!!』
『フーーーフーーーフーーーー』
吐息を荒く一生懸命最後の呼吸をしようと頑張っていた。
見ているほうが辛かったらしい・・・・
そう・・・
弟は親父の目に優しく手を当ててゆっくりととじてあげた・・・
・・・・・・・
親父・・・静に呼吸が止まったらしい・・・
2006年10月2日午後11時59分
・・・親父はやっと痛みから解放された・・・
そして・・戦いが終わった・・・。


親父・・・・良く頑張ったね!!
病名を伝えなかった家族を許してね・・・。




→続きを読む

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
常夏のハワイよりテキサスに上陸!
ここの生活にもどっぷり板につき?!
テキサスからうさぎFamilyの
生活ぶりを、喜怒哀楽で皆様に
お届けいたします♪
ヨロシク~★

小さい時計
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
くったりうさぎ きょうのひとこと
visitor
お友達のリンク
最近のコメント
今日のうさぎ
今日は晴れるの?サンアントニオ?
Click for San Antonio, Texas Forecast
お話したくなった方!!どうぞ!!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる